大会運営について

連盟よりお知らせ


令和3年5月22日
参加チーム各位
中央区軟式野球連盟   会長  野上勝敏
 
 
捕手(審判員含む)用マスクのSG基準義務化に係る本連盟の取り扱いについて(通知)
 
 
 標記の件につきまして、全日本野球協会(BFJ)より添付文書の通り、捕手(審判員含む)用のマスクについて、SGマーク合格品の着用を義務付けされるとの通知がございました。
 本件に係る本連盟の取り扱いについて、参加人数が多大であり、2021年シーズンからの義務付けをすることで競技現場の混乱ならびに買い替えに係る経済的負担を考慮し、来年度の2022年シーズンインから導入することと致します。
 SGマーク合格品の着用については、選手の安全を確保することが目的であるため、参加チームにおかれましても2022年シーズンインからの導入について、ご対応頂きますようお願い致します。なお、2022年シーズンからはSGマークに合わせてJSBBマークが付いている製品が軟式用マスクとして着用可能となる旨、申し添えます。
 以上、何卒宜しくお願い致します。
 
 
  記  
 
 
■添付資料
 
  ・捕手(審判員含む)用マスクのSG基準義務化について(BFJ文書)
 
 
以上






ページのトップへ